自分で借主様を見つける方法はいくつかありますが、自分でやることに限界を感じたら、不動産会社に仲介(媒介)を依頼しましょう。

入居者の募集を依頼する契約は大きく分けて2つあります。

  • ①媒介契約
  • ②代理契約

媒介(一般的な仲介のことです)の場合は、不動産会社のサポートを受けて入居者を決定しますが、最終的に入居者を決定し契約を結ぶのは貸主となります。一方で、代理の場合は、一般的な仲介の業務に加えて、入居者の決定や契約の締結も含めて不動産会社に委任することになります。

また、仲介(媒介)には主に3種類あります。

メリットデメリット
一般媒介契約・複数の不動産会社に依頼できる
・借主が早く見つかる可能性が高まる
・物件が広く周知される
・複数の不動産会社とのやりとりが煩雑になる
・仲介会社の動きが消極的になる可能性がある
専任媒介契約・契約窓口が一本化するのでやり取りがスムーズ・仲介依頼できるのは特定の1社のみ
・自己発見取引可
専属専任媒介契約・契約窓口が一本化するのでやり取りがスムーズ・仲介依頼できるのは特定の1社のみ
・自己発見取引不可

仲介による報酬(仲介手数料)については、宅地建物取引業法に定められた成功報酬となるため、契約が成立しない限り報酬(仲介手数料)は発生しません。一般媒介では、複数の不動産会社が募集しており、競合します。この中で報酬が受け取れるのは仲介契約した会社のみであり、仲介ができなければ報酬は一切ありません。それゆえ仲介への動きが鈍る可能性があります。その一方で専任媒介(専属専任媒介)契約では、依頼された1社のみが募集を取り扱いますので、報酬の受け取りが確実な分、募集に力が入ります。いずれも有効期限は3ヶ月以内が推奨されているので、依頼を受けた不動産会社は3ヶ月以内に成約することが求められていると解することができます。

一般媒介では「明示型」と「非明示型」の2種類があります。明示型では契約している不動産会社に他にどの不動産会社に依頼しているかを通知する義務があり、非明示型ではその義務がありません。

それぞれのメリット・デメリットを確認検討して、依頼内容を決めることが大切です。

貸したいときの流れ