ささもと不動産から耳寄り情報のお知らせ

青梅駅 リニューアル工事

JR東日本 八王子支社は10月25日青梅駅をリニューアルすると発表しました。

JR 東日本では、青梅線の青梅~奥多摩駅間を「東京アドベンチャーライン」として愛称を設定し、自然の中でアウトドア・アクティビティを楽しめる路線としてPR しています。

東京アドベンチャーラインの始発駅である青梅駅について、地域ゆかりのモチーフをデザインしたシンボルマークを設定します。なお、シンボルマークは当社社員のアイデアをもとに作成したとのこと。

「昭和レトロ」の文化や思い出を残しつつ、自然の中でアウトドア・アクティビティを楽しむ路線にふさわしい駅へのリニューアルを行います。既存の待合室やベンチについてもリニューアルを行い、来春より使用開始します。

1 青梅駅にシンボルマークを設定
青梅駅の魅力をアピールするために、例年5月に青梅市内で開催される「青梅大祭」をシンボルマークとして設定し、駅名標やベンチに刻印します。

(1)シンボルマークコンセプト
青梅線各駅シンボルマークを踏襲したデザインとしつつ、「青梅大祭の力強さの中から優美なお囃子の音楽が聴こえてきそうなデザイン」というコンセプトのもと東京アドベンチャーラインの始発駅となる青梅駅の魅力をアピールします。

(2)シンボルマークモチーフ
社員のアイデアをもとに決定しました。なお、選定にあたっては、地域に縁があり、かつ図柄化しやすいモチーフであることを考慮し、メインの山車については、各部のパーツ、各町12 種類それぞれの特徴を学んだ上で、デザインが特定の町に近づかないよう全体を調整した上で決定しています。

2 青梅駅の駅舎をリニューアルします
駅入口からコンコース(改札付近)は「昭和レトロ」をコンセプトとし、駅ホーム上は東京アドベンチャー
ラインにふさわしい「アドベンチャー」をコンセプトとしてリニューアルします。

(1)「アドベンチャー」エリア
①既存待合室のリニューアル
ホーム上にある待合室2箇所をリニューアルし、東京アドベンチャーラインの始発駅にふさわしいアウトドア・アクティビティを表現した待合室整備を行います。

②ベンチ・案内サインのリニューアル整備
東京アドベンチャーラインオリジナルデザインのベンチ・案内サインにシンボルマークを整備します。

(2)「昭和レトロ」エリア
エリアコンコース(改札付近)の美化・映画看板移設コンコースから駅ホームまでの通路について美化を行い、地域のみなさまが大切にしている「昭和レトロ」をイメージした映画看板をコンコース通路に移設します。

【スケジュール】
駅改良工事 10 月中旬~2023 年3月末予定

記事の詳細はこちら