A.安全ブレーカ、漏電ブレーカのどちらが切れるかによって原因と対処方法が異なります。

●安全ブレーカが切れる場合

  • 切れた安全ブレーカ回路での電気の使い過ぎ
  • 使用している電化製品が配線の短絡(ショート)により、過電流が流れている場合
  • 建物側の電気設備の故障

以上の原因が考えられます。

対処としては、まず、切れる安全ブレーカの回路のコンセントに接続されている電化製品のプラグを、すべてはずしてみてください。それでもまだ安全ブレーカが切れる場合は、建物側の電気設備(照明・壁内配線など)故障の可能性が高いと言えます。すぐに貸主(オーナーまたは管理会社)にご連絡ください。

●漏電ブレーカが切れる場合

これは漏電が起こったということです。次の方法で対処してください。

① 分電盤のブレーカを全部切ります。

② 漏電ブレーカを復帰し、安全ブレーカを1つずつ上げてください。

この方法で再び漏電ブレーカが落ちれば、その安全ブレーカの回路が漏電していることになります。他の回路の電気は使えますが、漏電した部分は至急修理する必要がありますので、貸主(オーナーまたは管理会社)にご連絡ください。